アンカーテキスト最適化でSEO対策

アンカーテキストの最適化

アンカーテキストとはアンカーリンクやaタグとも呼ばれ、SEO対策にとって大変重要な要素になります。現在の検索エンジン対策には、バックリンクとなる他サイトから張られているリンクに、含まれているキーワードを対策するだけで上位表示することも可能になるほど重要となっています。簡単にいうとリンクになります。
htmlソース上には、<a href=;"URL";>アンカーテキストの最適化</a>で記述されます。

アンカーテキストの評価

アンカーテキストは、リンクしている場所とリンクされてある場所両方の評価対象となります。リンク元は検索エンジンから、ページを移動するほどの重要な内容が記載されていると判断されるので、そのリンクに含まれるキーワードは、ただ単にキーワードを記述した場合よりも評価されます。
リンク先は、リンク元のアンカーテキストに含まれるキーワードに関連する内容のページと判断されます。リンク先にとってアンカーテキストに含まれるキーワードがとても重要なのは、検索エンジンで「18歳未満」と検索するとyahooが上位にくることが事実としてあらわれています。
アンカーテキストの前後の文章以前の検索エンジンは、アンカーテキスト内に含まれるキーワードだけを重要視していたのですが、現在ではアンカーテキストの前後の文章との関連性も見るようになってきてます。
リンク売買を行っているサイトで良くみかける、キーワードをずらっと並べてリンクを張るより、関連性のある文章の一部をリンクにするほうが高評価を受ける傾向にあるのです。
「リフォーム ホームページ制作 中古車販売 芸能人 ダイエット」と書かれているよりも
「最近体重を気にしている方へ朗報 利用者からは今までで1番効果がでたと評判を受けているダイエット方法をお教えします。」
この場合、後者の方が高評価を受けている可能性が高いです。

上へ

バックリンクにはキーワード

バックリンクにはキーワードバックリンクとなりますので、リンクを張ってくれる側のサイトのアンカーテキストにも、必ずキーワードを含めるようにしたい所です。
もちろん向こうが運営しているサイトなので、全てのバックリンクのアンカーテキストを、こちら側で指定することはできませんが、自分が管理しているサイトからのリンクや、相互リンクなどの場合は必ずキーワードを含めるようにするといいでしょう。
内部リンクにもキーワードと同じサイト内のページの移動となる、内部リンクにもキーワードを含めることが効果的です。
「詳細はこちら」や「HOME」といったアンカーテキストをよく使われている方が多いですが、SEO対策をするのであれば「詳細はこちら」は、「内部SEO対策」など、ページ内容を直接記述し、「HOME」を使うのであれば、「SEO対策のHOME」や「SEO対策のTOP」と書くほうが良いでしょう。
全てのアンカーテキストが同じよりもアンカーテキストに重要キーワードを含ませることは、理解して頂けたと思いますが、バックリンクとなる全てのアンカーテキストが同じ文章では、検索エンジンからからの評価が下がる危険性があります。
アンカーテキストが全て同じだからといって、SEOスパムと判断されることはまず無いのですが、検索エンジンはオーガニックリンク(自然発生的なリンク)を好みますので、管理サイトからリンクを張る場合には、含ませるキーワードを統一しない方が良いでしょう。
アンカーテキストの内容よりもどのサイトからのリンクかがあるかの方が重要バックリンク評価はあがります、アンカーテキストにキーワードが含まれることよりも、どのサイトのどのページから張られているかの方が重要度は高くなっています。
検索エンジンに高評価されているサイトのトップページから、リンクを張られることは難しいですが、関連性の高いサイトでそれなりに評価の高いページからリンクを張ってもらうことは、有益なコンテンツを発信し続ければ可能でしょう。

上へ