SEO対策でのキーワード重要性

キーワードの選定

SEO対策としてまず考えなければいけないのがキーワードの選定です。キーワードとは、利用者がどういった言葉で検索されることを望んでいるかということです。簡単なようですが、これに一番頭を悩ましますが、とても重要になります。
例えば、不動産会社を探す場合は『不動産会社』と入力します。ただ、それだけでは数多くの不動産会社が出てきてしまいます。その場合、『不動産会社』のキーワード以外の言葉も一緒に入力すると思います。
不動産投資に関する会社を探しているのなら、『不動産会社 投資』といった具合に、賃貸マンションの会社を探しているなら、『賃貸マンション 不動産』。近郊で探しているのであれば、近くで探している場合は地名をキーワードに入れて検索するのもいいでしょう。
ようするに、お店・会社の強みや一番重要になる見てもらいたいこと、地名などをキーワードにすればいいのです。その決めたキーワードを、作成するホームページにバランスよく散らばるようにテキストを考えましょう。だからといってあまり多すぎてだめです。SEO対策の為の行過ぎた行為(スパム行為)として検索エンジンが判断して削除されてしまうこともあります。
一般的には文章に数%程度をキーワードを混ぜることが最適と言われていますが、数字にばかりこだわるのは間違っています。あくまで目安でしかないのです。大切なのはコンテンツ(内容)になりますので、SEO対策を行なっても、結果に結びつかないと意味は無いということを念頭に置いておきましょう。

上へ

効果的なキーワードとは

一番基本的なキーワードの探し方は、まず自分だったらどう検索するかということを考えることです。自分が何かの商品を探していたとします。インターネットで探すからには検索はお金もかかりませんので、検索して少しでも良いものを安く手に入れたいというのが本音でしょう。その場合、自分の気持ちを込めたものを一緒に入力するはずです。
例えば、『話題 お取り寄せ』・『旨い ラーメン』・『激安 レコーダー』のように、メインとして探しているものの前に、一緒に連想出来そうな気持ちを一緒にキーワードにするのはさらに効果的です。自分の願望や人の気持ちを考え、SEO対策に有効なキーワードを探してみましょう。
効果的なSEO対策のキーワードを見つけることは、かなり大変な作業です。キーワード1つでSEO対策の効果は大幅に変わってきます。

上へ

キーワードの使い方

キーワードを決め文章の中に散りばめると先ほど書きました。そうしたら今度はホームページのタイトルと見出しにもキーワードを入れるようにしましょう。見出しは上の方に配置して、大きな文字で表示するのが有効です。タイトルには重要なキーワードのみを記述するのも効果があります。タイトルのみでなく、全てのページの文章中にもキーワードを適度に含むように考えて使用して下さい。
キーワードは自体は1ページ1つか2つに絞って散りばめたほうが効果がでます。あれもこれもと1ページにまとめてしまいたい気持ちはわかりますが、キーワードを複数にしてしまうとその分効果も分散してしまうのです。また、決めたキーワードの検索数が多い場合、競合するサイトも多くなるので、上位表示されることが難しくなります。
そういった時は、地域名や駅名を入れるのもいいでしょう。例えば、福岡にある会社であった場合なら『福岡』とつなげていれることで出てくる場合もあります。地名や駅名など近くのキーワードも含めるといいでしょう。地名を含めると競合サイトも絞られることになるので、上位に検索されやすくなります。

上へ