htmlの最適化でSEO対策

htmlを最適化

「htmlを最適化」とは、作成したウェブページのhtmlおよびテキストなどを、検索ロボットが読み取り易いよう書き換える事です。

どのようにhtmlを最適化するか

●重要視しているhtmlタグ

htmlの最適化

検索ロボットは、ウェブページ内容を読み取る中で、「重要なhtmlタグ」に記述している内容を重要視します。ただし、検索ロボットが読み取れるのは 「文字列」だけです。画像や、JavaScriptに記述している内容は読み取り対象とはならないのです。
「重要なhtmlタグ」の内容に検索キーワードを盛り込む事で、検索ロボットの読み取り結果が良くなり上位にランクしやすくなります。

●<title>〜</tltle>
ウェブページのタイトルを記述するタグになります。ここに記述した内容は、ブラウザのツールバーに表示されます。また、ブラウザのブックマークに登録した際の登録名や、検索エンジンの検索結果に反映されます。タイトルを記入する際に、検索キーワードを盛り込むと効果的です。

●<meta>
ウェブページの情報や検索キーワードをブラウザや検索ロボットに知らせるタグになります。「<meta 」に続き、属性を記述し、様々な情報を知らせます。その中で、検索ロボットが重要視するのは、「keywords」「description」のタグと言われています。
(ただし、一部検索エンジン(google)では、「keywords」「description」は重要視していません。)
例えばカニが検索キーワードの際の記述例です。
・<meta name="keywords" ・・・
(記述例) <meta name="keywords" content="カニ,新鮮,産地直送,販売">
ウェブページ中に書いてあるテキストの最重要キーワードを記載します。キーワードの個数に関してはは、4〜6個が最適の様です。個数が多くなったり、同じキーワードを並べる、 ウェブページの情報とあまり関係のないキーワードを記載すると、スパム行為とみなされる危険性があります。
・<meta name="description" ・・・
(記述例) <meta name="description" content="産地直送の新鮮なカニを販売しています。">
ウェブページの内容を短く簡接に記載します。また、内容にはできるだけ検索キーワードを盛り込むようにしましょう。

●<h1>〜<h6>
文章の見出しタグです。見出しの内容に、検索キーワードを盛り込みましょう。
大見出しである<h1>は、多用するとスパム行為とみなされる可能性があります。1ページにつき1回位が最適です。

●<em>、<strong>
テキスト中の強調したい箇所に使用します。<em>よりもさらに強調したい場合は、<strong>を使用します。
ただし、どちらもあまりに多用するとスパム行為とみなされる危険性があります。

●検索ロボットが読み取り易いhtml、テキスト
作ったウェブページの目的が実際に見ている訪問者に伝わるよう文章を記述する事に併せて、検索ロボットが読み取り易いようにhtmlや文章を記述する事もSEO対策では重要です。 検索ロボットは、ウェブページを認識する手段として、Lynx等のテキストブラウザを使用しています。テキストブラウザへの表示後に検索を行なう為、 解析できないもの(JavaScript、cookie、セッション ID、フレーム等)や、不要なhtmlタグが多数ある場合、ウェブページの一部が表示されなかったり、画像がずれていたり、正しくない構文、 文章がテキストブラウザに表示され、検索が正しく行なわれない事となります。

●不要なhtmlタグは削除する
ソフトを使用してホームページを作成すると、自動的に様々なタグがついてきます。その時、特に記述しなくてもよい場所にも、自動的にタグをつけてしまう事もありますので、正しい文をテキストブラウザに表示させる為に、不要なタグや画像等は削除します。ソフトを使用してホームページを作成すると、自動的に様々なタグがついてきます。その時、特に記述しなくてもよい場所にも、自動的にタグをつけてしまう事もありますので、正しい文をテキストブラウザに表示させる為に、不要なタグや画像等は削除します。

●基本のhtml記述方法に近づける
ウェブページのソースコードをテキストブラウザに表示する際、html記述のルールに従って解析し、テキストブラウザに表示します。htmlのルールを無視した内容になってしまうと、 解析の結果がおかしくなり、正しくない文章をテキストブラウザに表示する可能性が高くなります。出来るだけ、解析のし易い、ルールに則ったソースコードの記述を心掛けましょう。

上へ